人とペットのナチュラルライフを応援する

  Network Communication Site for Lovers of  Pet & Nature powered by HOLINF

製品案内][オンラインショップ][新規会員登録][お客様マイページ

トップページ
 
製品案内
オーダーメイドフード
レディメイドフード
ソフトクッキー
サプリメント
無料試食用サンプル
 
オンラインショップ
送料とお支払い方法
 
新規会員登録のページ
  会員登録(ID登録)
  こちらから!
 
お客様マイページへ
  会員情報やペット情報
  の変更はこちらから!
 
ニュースと情報
法令に基づく表示
個人情報の保護
メディアの記事
 
手作り食応援コーナー
手作り食の良さとは
食材とレシピ
与える量(簡単編)
与える量(詳細編)
手作り食用サプりメント
関連書籍
 
問い合わせ
 
マスターの ひとり言

 

食事量を計算するなら、詳しく割り出す方法もありますが、計算が面倒で、あまり実用的ではありませんし、そこまで詳しく計算しても、実際には食事量は個体差が大きいので、あくまで目安でしかありません。
そこで、大雑把な食事量の決め方を表にしてみました。

成犬に与える一日の食事量(水分70%程度の手作り食の場合)の目安は以下の表の通りです。

サイズ 体重 必要なカロリー 食事量
(体重) kg kcal/日 増加量kcal
(体重1kg当たり)
g/日 増加量g
(体重1kg当たり)
超小型犬
( 〜5kg)
120 70 100 50
190 150
260 200
330 250
400 300
小型犬
(5〜10kg)
455 55 340 40
510 380
565 420
620 460
10 675 500
中型犬
(10〜20kg)
10 675 45 500 35
15 900 675
20 1125 850
大型犬
(20〜40kg)
20 1125 40 850 30
30 1525 1150
40 1925 1450
超大型犬
(40〜60kg)
40 1925 30 1450 25
50 2225 1700
60 2525 1950

では、この表について簡単に説明します。
まず、必要なエネルギー量については、超小型犬の成犬でしたら、体重1kgの犬で1日当たり120kcalのエネルギーが必要で、それより体重が1kg増える毎に必要カロリーは70kcal増えます。
サイズが大きくなるにつれて1日の必要カロリーの増加量は少なくなり、超大型犬では体重1kg毎に30kcalしか増えません。

次に与える量についてですが、手作り食のカロリーをいちいち栄養成分から計算するのは面倒です。そこで、手作り食の場合、大体1.2〜1.5kcal/gのカロリーであるとして計算します。これをもとに1日に与える量を計算したのが食事量(表の白い部分)です。
(※これはごはんと肉などを主体にした水分が70%程度の食事の場合です。食材とレシピのページで示した献立はこれにあてはまります。)

以上を簡単にまとめると、
例えば、超小型犬の場合、体重1kgの子で1日の食事量は100gで、体重1kg毎に50g増やして考えると良いということです。これが上記の表の数値です。これだけ(表の白い部分)を覚えておきましょう。

これを基本にして、食事が脂っこい時や太ってきたと思ったら1割ほど減らしてあげるとよいでしょう。

例えば、体重5kgの成犬ならば、だいたい300gを作れば、1日分の食事になるということです。

食材 重量%

肉類 50% 鶏むね肉  150g
ごはん 40% ごはん   120g
野菜等 10% 野菜ジュース 30g(煮た野菜でもよい)
HPサプリ  2% HPサプリ   6g(商品に添付の小さじにすり切れ3杯)
    合計   約300g
     
味つけ   ・塩分の含まれる調味料は小さじ半分以下に抑えましょう。
このレシピの詳細については食材とレシピのページをご覧ください。

ここで紹介しました表は成犬用のものですが、その他のライフサイクルの時の必要カロリーや食事量についても、いずれ紹介してゆく予定です。
(なお、与える量(詳細編)に記載してあります方法で計算すれば、その他のライフサイクルの時の必要カロリー量や食事量についても算出することができます。)

注) ここで紹介しました表中の必要カロリーは与える量(詳細編)に記載しております成犬用のものと多少異なっています。これは数字を丸めてわかりやすく改変したためですが、実用上は特に問題ありません。